ほし お さなえ。 紙屋ふじさき記念館 麻の葉のカード ほしお さなえ:文庫

ほしおさなえ新シリーズ刊行記念インタビュー 苦しみを受け入れることで前に進む話にしたい

私は編集の仕事もしていましたし、小説のほかに詩集や、ちょっと変わった形式の創作もしていたので、もともと本作りに意欲があったんです。

Next

ほしおさなえさんインタビュー 「活版印刷三日月堂」ついに完結!|好書好日

『モドキ』、、2006年。 自分の青春時代である昭和がノスタルジックに描かれていたのも親近感を抱けた理由だろう。 『活版印刷三日月堂 星たちの栞』、、2016年。

Next

【ほしおさなえさんインタビュー】活版で取り戻した書く力

伯母と一緒に紙こもの市に行った百花はそこで紙の世界に魅了される。 それ以外は川越氷川神社で押せます。

Next

銀塩写真探偵 一九八五年の光 ほしお さなえ:文庫

家族 [編集 ] はの・のであり、『』の原案を担当したことでも知られている。 商売っ気のある人物を出したりして、活気のある、生き物としての町を描けたら、と思います。

Next

楽天ブックス: 紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー(2)

『菓子屋横丁月光荘 浮草の灯』、ハルキ文庫、2019年。

Next

楽天ブックス: 紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー(2)

今回は和紙の話。 娘が小学生だったので、子どもに対しては前向きのメッセージを届けたいという気持ちと、長年の友人でもある編集者の支えがあったからです。 あのような悲惨な出来事に直面し、「自分は何もできない。